土地 札幌 ボトックス H A L ' s W E B L O G   + 再開しました +

プロフィール

HAL

Author:HAL
*2009年6月までの記事は非公開にしています。
外食記事はほぼ自分用メモなので
参考にはならないかも^^


★HAL
東京在住、食べること大好き35歳、A型、水星人(-)。フットワークの軽さには定評あり。だけど基本はぐーたら。時間前行動と団体行動はほぼ不可能。LA→UKと続いた海外生活にピリオドを打ち'07 3月に帰国。旅行と食べ歩き三昧の気ままな生活を満喫し'12 3月に本人も驚く超スピード婚。肩書きが無職から主婦になりました(笑)SADEとカサブランカと猫が好き。
★愛猫LUNA
LA生まれUK育ち東京在住のHALの愛娘。毛長の猫はdocileと猫の本に書いてあったけど全く当てはまらない9歳の女の子。だけど通称LUNA君。甘えん坊の怒りん坊。7歳の時に慢性腎不全を発症、現在闘病中。2歳を過ぎた頃からやや?メタボ気味で現在6.8キロ!体もでかけりゃイビキもでかい。多分バイリンガル。ラバーブラシでブラッシングすると鼻水ぽたぽた落としながら喜びます。(なんで?)

最近の記事
カテゴリー
アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--/--/--//-- * --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2010/03/08//Mon * 22:19
Florilege

Florilege@青山
最近お気に入りのお店。この日は3回目の訪問かな?
夜は10,500円のコースのみです。
予約の時に苦手なものを伝えてあとはおまかせ。
この日はヤギ!のお肉があるとのこと。
友人は食べてみたそうだったけど、どんな感じの味か聞いたところ
ラムに似ているということだったのでラム嫌いの私はパス。
二人同じものじゃないといけないので友人にも諦めてもらいました。
ごめんよ。。。
ただ、次回予約の電話の時にヤギの入荷が分かっていたら
特別に一人だけヤギでもOKということだったので
次は友人がヤギにありつけますように。
そうそう、この日は珍しく私もワインを飲みました。
料理ごとにグラスでもってきてもらったので
ワインがそんなに好きではない私にしてはよく飲んだ!
お料理は口頭での説明のみなので憶えている範囲で。

ポテトコロッケ 黒トリュフの香り
四角いグリーンオリーブ 
ブリオッシュ生地にオリーブを~~~と説明されたような?
温かくてふわふわ。スフレのような食感でした。
ホワイトアスパラガスを使った2品 奥のムースがかなり美味しかった~。
フォアグラと一緒にメレンゲをかじりながら食べてください、とのこと。
ソースじゃないのが面白いね。
下はヘーゼルナッツのパウダーだったかな??
この日の魚は鰆。異なった調理法で
メインはほろほろ鶏 白いほわほわソースはユリ根を使ったもの
↑のほろほろ鶏から出汁をとった洋風茶碗蒸し 上にのっているのはほろほろ鶏のハツやらレバーやら

みかんのスフレグラス
青山の土です!と出されたこちら。クランブルの下には黒トリュフを使ったババロア
↑についてきたバニラアイス

この日は友人のバースデーだったのです。
キャンドルを本物のマカロンと思った食いしん坊な私たち。
友「写真、早く!」
HAL「マカロン焦げちゃうから早く消して~」
と真剣でした。本物じゃないと分かって二人で大笑い(笑)



この日、残念だったこと。





初めて訪れた時からよくしてもらっているスタッフがいて
いつもすごく気持ちいい接客が受けられます。
だけどこの日は別のスタッフが言った一言がとても残念でした。
友人の誕生日だったので一緒に写真を撮ってもらおうとお願いしたんですね。
デザートプレートの時にお願いしようかと思ったけど
横一列に並んだテーブルの間隔はそう広いものでもないし
周りのお客さんが帰ってからのほうがいいかと後で撮ってもらうことにしました。
そして会計前、一気にお客さんがひき、
私たち以外にもう一組になった時にお願いしたんですね。
もちろん快く写真を撮ってくれたんだけど、写真が暗かったので
フラッシュをつけてもう一枚、とお願いしたら
「他にお客さんがいるので」
と一言。本当に一言残して去って行ったんですね。
あっさりさっぱりです。
確かに他に一組いたけど、細長い店内の端と端。
カメラの向きも逆。
料理の写真のフラッシュ禁止は分かるけど誕生日もだめなのね。
まあ決まりならそれはそれでいいんだけど、
その一組は会計済みだったし
「後でお撮りします」とか「すみません」の一言があったら、
こんな残念な思いはしなかったと思うのね。
言い方一つなんだけど、なんだか後味悪い。
じゃあ私たちの隣のテーブルのカップルが
携帯カメラ2台で音をたてながらパシャパシャ
時には立ち上がってまでいろいろ撮りまくるのはアリなのか
とも言いたくなるわけで。
最後のお見送りの時なんかはいつものスタッフと楽しく話して帰ってきたけど
なんだか残念な出来事でした。
ほんと、言い方一つだよね。。。
スポンサーサイト

[TOP]
copyright (C) 2006 H A L ' s W E B L O G   + 再開しました + all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。