土地 札幌 ボトックス H A L ' s W E B L O G   + 再開しました +

プロフィール

HAL

Author:HAL
*2009年6月までの記事は非公開にしています。
外食記事はほぼ自分用メモなので
参考にはならないかも^^


★HAL
東京在住、食べること大好き35歳、A型、水星人(-)。フットワークの軽さには定評あり。だけど基本はぐーたら。時間前行動と団体行動はほぼ不可能。LA→UKと続いた海外生活にピリオドを打ち'07 3月に帰国。旅行と食べ歩き三昧の気ままな生活を満喫し'12 3月に本人も驚く超スピード婚。肩書きが無職から主婦になりました(笑)SADEとカサブランカと猫が好き。
★愛猫LUNA
LA生まれUK育ち東京在住のHALの愛娘。毛長の猫はdocileと猫の本に書いてあったけど全く当てはまらない9歳の女の子。だけど通称LUNA君。甘えん坊の怒りん坊。7歳の時に慢性腎不全を発症、現在闘病中。2歳を過ぎた頃からやや?メタボ気味で現在6.8キロ!体もでかけりゃイビキもでかい。多分バイリンガル。ラバーブラシでブラッシングすると鼻水ぽたぽた落としながら喜びます。(なんで?)

最近の記事
カテゴリー
アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


--/--/--//-- * --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2010/07/22//Thu * 15:34
シドニー五日目③ ~ブルーマウンテンズ・エコツアー

シドニー五日目② ~ブルーマウンテンズ・エコツアーの続き

鍾乳洞の後は野生のカンガルー探し。
夜行性なので昼間に野生のカンガルーを見ることは難しいみたいだけど
ガイドさんがJenolan Cavesのスタッフに聞いたというスポットに行くと普通にたくさんいました!

ロッジが近くにある(右の写真の奥に写ってるよ)ので人にも慣れていて近くまで寄れます。
私は触ってないけど撫で撫でしていたメンバーも。
お母さんのお腹の袋に入ってる赤ちゃんカンガルーが見たかったけど、
残念ながらいなかった~。

そしてまた車で移動。次は秘密の?展望台です。
車から降りて歩いていくと、どんどん目の前が開けてきます。

じゃーーん。こんな感じ。見渡す限りユーカリの森。

さらにこんなところまで進んでいきます!階段透けてます!!高所恐怖症の人は絶対無理(笑)
私たちが雄大な景色に心を奪われている間にガイドさんがコーヒーを準備してくれていたので
こーんな自然な中で贅沢にもコーヒータイム!
しかもコーヒーのお供まで準備してありました。
Tim Tam!AUと言えばのチョコレートビスケットですね。

と、ここが最後の観光スポット。
ブルーマウンテンズを最後にしっかりと心に焼きつけたら、シドニーに向けて車を走らせます。


ここからはツアー終了後に行ったガイドさん一押しの中華料理屋さん。
おすすめのものを適当に頼んでもらったので詳細は不明だけど美味しかったな。
同じお店に売ってあったタピオカミルクティー、
美味しいとのことだったので購入してみたら、やっぱりここより数倍美味しかったです(笑)

ホテルに戻る前に夜のオペラハウスに寄って、今日の旅は終了。
そして私の5泊6日シドニー旅行もほぼ終了。
翌朝、チェックアウトしてベトナムに向かいます。

スポンサーサイト


2010/06/20//Sun * 00:53
シドニー五日目② ~ブルーマウンテンズ・エコツアー

シドニー五日目① ~ブルーマウンテンズ・エコツアー の続き。
鍾乳洞好きの私がこのツアーで一番楽しみにしていたのが、ここJenolan Caves

Scenic Worldから同じブルーマウンテンズにあるJenolan Caves(ジェノラン鍾乳洞群)へ
車で移動。世界遺産にもブルーマウンテンズとしてエリアで一括登録されているけど、
世界最大かつ最古級の鍾乳洞であることが判明、
単独での登録も可能であったと言われおり、現在単独登録を目指しているのだとか。
一帯には数多くの洞窟が発見されているけど、
観光客が見学できるのはその中の10カ所(ガイド付きでのみ可能)

鍾乳洞内見学は午後から。ランチ前にストロマトライトを見に行きます。
ここも穴があく前は鍾乳洞だったとか。

これが地球大気に大きな影響を与えた生きている化石ストロマトライト・・・。
こういうのが好きな人にはたまらないようだけど、私にとってはただの岩(笑)
とりあえず記念撮影です。

ランチは歴史的建物の中で。
電気のカサさえ、もう製造していない貴重なものらしく電球を交換するのも
決められた人でしかできないそうな。

そしていよいよ中へ!狭い道を進んでいくと神秘的な世界が広がります。
私たちグループ、その他のメンバーを入れて計20人くらいだったかな?
ガイドさんの説明は英語だけど、私たちのツアーガイドさんがバスの中で
よく使われる鍾乳石などの単語をみっちり教えてくれていたので分かりやすかったです。
もちろんガイドさんの説明の合間にツアーガイドさんが日本語でも教えてくれます。

(クリックで大きくなります)
スケールの大きさ、美しすぎる神秘の世界に言葉がでませんでした。
私の中で一番だった秋芳洞超えた(笑)
ここはまた必ず来たい。
今度は、月に数回行われるという鍾乳洞内コンサートに合わせて旅行日程を考えよう。
そして、同じく鍾乳洞好きの姉を連れて来てあげたいなぁ。。。


シドニー五日目③ ~ブルーマウンテンズ・エコツアーに続く。



2010/05/30//Sun * 19:26
シドニー五日目① ~ブルーマウンテンズ・エコツアー

シドニー四日目② ~Rocks&Circular Quay の続き

イースターで今日もほとんどのお店が休み。
Bondi Beachに続き、こんな日は自然だ!ということで
ブルーマウンテンズ・エコツアーに参加。
この日サマータイムが終了だったので一時間長く寝れる~なんて思っていたけど
ツアーのお迎えがAM6時台なので緊張してほぼ眠れず。。。

シドニーから西へ車で約2時間ほどのところにあるブルーマウンテンズは
グレーターブルーマウンテンズ"地域"(ブルー・マウンテンズ国立公園とその周辺)で
2000年に世界自然遺産に登録。
このツアーは従来のブルーマウンテンズツアーでは含まれていないことが多い
ジェノランケーブ(鍾乳洞)や野生のカンガルー探しも含まれていました。
なぜこの会社のツアーにしたかというと、
「この会社のツアーは本当に楽しいから絶対参加したほうがいいよ!」
と友人の友人から強ーくおすすめされていたから。
(そのとおり素晴らしいツアーでした!私もみんなにおすすめしたいし、
私もまたシドニーに行ったら是非参加したい!)

車内からの眺め。昨夜の雨のおかげで綺麗な虹が!

二時間ちょっとで到着。エコーポイントからの眺め。
厚い雲がかかっているけど見渡す限りのユーカリの樹海は絶景。
*このユーカリはコアラが食べるものとは違う種類なのでコアラはいないとのこと。

ユーカリの葉から蒸発したオイル成分が大気中で青ずんで見える為、
この辺りいったいが青みがかって見えることからブルーマウンテンズという名がついたのだそう。

3姉妹が岩に変えられてしまったという神話を持つ奇岩スリーシスターズ。
霧で見えないこともあるみたいだけど今日はバッチリ。

エコーポイントから歩いてBlue Mountains Scenic Worldへ。↑例の3姉妹とお父さん。
ここには、Railway、Cableway、Skywayの3つの乗り物があります。
私はガイドさんおすすめのパターンで2つに乗りました。
世界一の急勾配、最大傾斜52度の石炭運搬用に作られたトロッコ電車のScenic Railwayで
下の森まで行き、空中ケーブルカーScenic Cablewayで戻ってくるパターン。

トロッコ電車に乗り込んで出発。想像以上にすごい傾斜で乗客全員大興奮(笑)

あっという間に到着。上を見上げるとこんな感じ。

Cableway乗り場まで森の中を歩いていると炭坑で使用された機材などが展示されていたり。

Cablewayで上まで戻ります。


次は私がこのツアー、この旅行で一番印象に残ったJenolan Caves(ジュノラン鍾乳洞群)へ。
鍾乳洞好きにはたまりません。

シドニー五日目② ~ブルーマウンテンズ・エコツアー に続く。



2010/05/23//Sun * 01:49
シドニー四日目② ~Rocks&Circular Quay

シドニー四日目① ~Surry Hills の続き。

スタバでのんびりした後は初日にも行ったCircular Quayへ。
青空の下のオペラハウス、これが見たかったのー!
前回はお天気悪かったからね~。

自転車がこんなに高く飛んでるー!なーんてね(笑)
ハーバーブリッジと大道芸人とオペラハウス。

(クリックで拡大できます)
土日に開催されるRocks Marketをのぞいたりしながら散歩していたら
途中から雨が降ったり止んだりのお天気に。。。
それでも、いたるところでウェディング撮影をやっていました。
オペラハウスをバックにとかはもちろんだけど
上の写真のように普通の路地とかでも絵になるシドニー。

がっつりイタリアンの気分だったのでオペラハウスが見えるitalian villageでディナー。
もちろんお一人様は私だけ(笑)
海外のレストランで一人だとちょっと浮くけど、でもいいの。
美味しいもの食べたい思いのほうが強いから(笑)

・パン
・メインの量の多さを予想して前菜はサラダで軽めに
・仔牛、生ハム、プロボロンチーズとリゾット
 想像どおりの量。お肉なんて計5枚!リゾットだって日本の単品サイズの1.5倍位。
・食後はエスプレッソ

もちろんきれ~に完食。美味しいものは残しません!
メインは味が超濃かったから最後の方はちょっとつらかったけどね。。。
パン、サラダ、メイン、エスプレッソ、水、グラスワインで$100位だったかな。
ご馳走さまでした。

食べ終わる頃には小雨が降っていて空もどんより。
ザーザーぶりになりそうだったので急ぎ足でホテル方面へ。
が!もう少しでホテルというところでバケツをひっくり返したような雨になり
しばし雨宿りするも止みそうもないので仕方なく雨のなかダッシュしました。。。
これも思い出。


明日は世界自然遺産を見に郊外へ。

シドニー五日目へ続く。



2010/05/16//Sun * 21:50
シドニー四日目① ~Surry Hills

シドニー三日目 ~Bondi Beach の続き。

この日はサリーヒルズへ。
ここ10年で大きく変化し、お洒落なカフェやショップ、高級レストランなどが軒を連ねる
トレンディなエリアのようです。
ホテルからお散歩がてら歩いて向かったんだけど、
のんびり歩いて20分くらいだったかな?
個人経営っぽい小さなお店=イースターでお休み、なので開いているのはカフェくらい。
世界一の朝食でお馴染み、日本でも大人気のbills
七里のお店には行ったことがあるので、本場シドニーと食べ比べてみる?
とも思ったけど、そんな感動するほどのものでもなかったしいっか、と素通り(笑)

毎月第一土曜日の7:00~16:00に開催されるSurry Hills Market。
日本人もちらほら見かけました。
私はリゾート系コットンワンピを$10!で購入。
かなり私好みでサイズもパーフェクト。すごい良い買い物でした。
が、ベトナムで着ようと思ってホテルに戻ってからクリーニングに出したら
ワンピ代とクリーニング代が同じくらい(笑)

のーんびりお散歩。
お天気が良いとまだ夏のようだけど、風が吹けばカサカサと音を立てて落ち葉が舞い、
もう秋ですな。

スタバでコーヒータイム。
この旅行中に誕生日を迎える親友二人にバースデーカードを書いていると
隣の席に座った女性シンディに声をかけられる。
なんでも彼女のお兄さんが東京に住んでいるらしい。
そんなこともあり話がはずみメールアドレスを交換したんだけど、
驚くことに今月来日したんです。早っ!
ということで先日東京でディナー行ってきました。

シドニー四日目② に続く。



2010/05/09//Sun * 15:07
シドニー三日目 ~Bondi Beach

シドニー二日目② ~Westfield Bondi Junctionの続き。


イースターホリデーでどこのお店もお休みなので、
この日に海に行こうと決めていたら有り難いことに晴天!!
ということでホテルで朝食をがっつり食べたらBondi BeachへGO!
ガイドブックの行き方にはボンダイエクスプローラーという観光地を周っている
一日乗り降り自由($40位?)のバスで、と書いてあったけど、
Bondi Beachしか考えてなかったし、
シドニーで話した人の誰一人ボンダイエクスプローラー
って言わなかったから利用せず(笑)
だいたい
「×××か×××番のバスで行くといいよ」とか
「Bondi Junctionまでシティレールで行って、
そこからBondi Beach行きのバスに乗るのが一番早いよ」とか。
シドニーエクスプローラーとボンダイエクスプローラーは中2~3日間とかの
超短期間滞在とか、効率よく観光したい人には最適なんだろね。

ということで昨日と同じくシティレールでBondi Junctionまで行き
バスに揺られること10分。Bondi Beachに到着です。
1キロほど続く砂浜と青い海、打ち寄せる白い波。
思わず、「何これ!?すごっ!きれーーー!」って言っちゃいました。
ビルが立ち並ぶ街から30分そこらでこの景色、すごいな~。

ガイドブックに載ってたこのプール発見!!
そしてBronte Beachへ続く遊歩道(The Bondi to Bronte Walk)へ。
波で削られた砂岩の傍らにある遊歩道、起伏も激しいうえ強風で
想像していた穏やか~な散歩道とは違ったけど、絶景の連続でした。

BondiとBronteの間にある小さなTamarama Beach。のーんびりした雰囲気。

さらに歩くとBronte Beach。ここはローカルの人が多いとか。
施設も整ってるし隣接するBronte Parkにはふかふかの芝生。
確かにここは良い!ということで敷物の上でごろーんとなりしばし読書&昼寝(笑)

写真いろいろ。クリックで大きくなります。

再びBondiまでテクテク。そしてここでカメラのパノラマ機能を思い出しパチリ。

雰囲気のいいレストランもあったけどどこも並んでいるので諦めて、
仲良くなったホテルのフロントスタッフがおすすめしていた
フィッシュ&チップスを食べることに。
新鮮なお魚が並んでいる奥で注文です。
そして紙に包まれたものを開けるとデカッ!30cm弱の魚と山盛りポテト。
正直全く期待してなかったんだけど、衣もさくさくでなかなか美味しかったです。
いや、もしかしたら周りの環境がそう感じさせたのかもしれないけど(笑)
Easy Wayでタピオカミルクティーも購入。
タピオカミルクティー好きなんだけど大手をはじめほとんどのお店のミルクティーが
モロ既製品味っていうかなんていうか、はっきり言ってまずいんだけど(笑)
これも素敵な景色を見ながら飲むとまた違ったもの。

帰りはバスだけでシティまでのんびり帰りました。
大量の揚げもので胃もたれしたのは言うまでもありません。。。


シドニー四日目に続く。



2010/05/05//Wed * 03:54
シドニー二日目② ~Westfield Bondi Junction

シドニー 二日目① ~Darling Harbour の続きです。
Darling Harbourで絵葉書を書きながらまったりしすぎて気がつけばいい時間。
次の目的地Westfield Bondi Junction(ショッピングセンター)へGOです。
ここはなぜか存在を知っていて行ってみたかったの。
このエリアは最近お店がどんどん増えてるみたい。
移動はシティレール。シドニーに来て初めて公共の交通機関利用です。

着いてビックリ。こんなに巨大とはー!
下調べもほとんどしてなかったし
(前日の夜に電話して明日あいてる?と聞いただけ(笑))
完全になめてました。高級ショップからスーパー、飲食店、とにかくなんでもある!
日本にはないKaren Millenがあったので
何かいいものがあればと思ったけど特になし。
全部まわりきれるかな?と心配したけど大丈夫。
服(上7号 下5号)と靴(22~22.5cm)の私サイズは皆無に近いのでささーと済んだのです。

疲れた頃に見つけたフードコート。(左上の写真見てー)
フードコートと呼ぶには申し訳ないくらい素敵。
おまけにテラス席もあり眺め最高~だったので、
あまりお腹すいてないけど何か食べようと一番賑わっていたカレー屋さんへ。
ベジタブルとバターチキンとライス、パパドのセット。
が、外に出た瞬間に強風でパパドが飛んでいったのです。さよなら私のパパド。。

こーんな景色を見ながらの食事です。味は普通・・・だけど気分は最高ー。
シドニータワーもハーバーブリッジも見えるのです。

食後もしばしまったり。
ちなみにここで買ったもの。
カットソー×3、ベルト、ベッドシーツとかカバーとか一式
入浴剤、歯磨き粉(また(笑)もう病気)ハンドソープ、食器などなど。
ここで帰りの荷物が+5キロくらい増えたはず・・・。

ホテルに戻ったらジムへ。
どんなホテルになるか分からなかったけど、こんな時のために一式もってきていて正解。
しかし一日中歩きまわってるのに我ながらタフだな~。(←旅行中は)
そして驚くことに、このジムは窓すれすれのところをモノレールが通って行くんです。
ちょうど私の部屋の下、モノレールの高さのフロアみたい。
走ってたら突然モノレールは現れるし中の乗客と目が合うし、ビックリでした(笑)

シドニー三日目 ~Bondi Beach に続く。


[TOP] next >>
copyright (C) 2006 H A L ' s W E B L O G   + 再開しました + all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。